ローンでお金を借りる前に総量規制を調べることになったときの体験談

まとまったお金が必要になったため、カードローンの申し込みをする事に決めたのですが、年収が少ない事などからも、審査に通り易いと言われている消費者金融を利用したいと考えていたのです。
5万借りるカードローンはすでに持っているのですが、
消費者金融と言うと、聞こえが悪いと言ったイメージが在りますが、ネット申し込みなら誰にも知られずに申し込みが出来ると言ったことをネット情報の中で見た事が在りましたので、まとまったお金を借りる時にも便利だと言ったことを感じていました。

また、ネット申し込みの場合は来店不要になるので、消費者金融の店舗に行かなくて済みますし、店舗窓口の場合は平日しか営業していない事や、営業時間が短いため会社での仕事が在る事からも申し込みが出来ないと思っていました。

しかし、消費者金融のカードローンを利用するにあたり、一つ気になる事が在りました。
それは総量規制と言う決まりが貸金業者には在る事、そして消費者金融は貸金業者に分類される金融業者であり、制限が設けられていると言う事でした。

総量規制について色々と調べてみると、借入が可能になる額は、借金が無い場合には年収の3分の1未満、借金を持つ場合は借金が差し引かれた残りと言う事、50万円を超える希望額では収入証明書類の提出が必要になるなどの条件が在る事を知りました。

また、情報サイトを利用して総量規制について調べた事で、例外での貸し付けが認められていると言う事も知りましたが、まとまったお金は30万円と言う金額であり、規制外の金額なので安心して申し込みをすることが出来ました。